一日&年間スケジュール

昭和園の一日

おはよう!」 から 「さようなら!またあした!」 までの子どもたちの1日は、どんな生活を送っているのでしょうか?

当園では「あそび」と同じように「生活場面」も大切にしております。元気いっぱいに遊ぶ場面もあれば、自分たちの生活の場である園舎のお掃除をしたり、飼育栽培している小鳥や植物のお世話をしたりする場面もあり、1日の中でバランス良くカリキュラム化しています。

7:30

早番の先生が出勤します。
笑顔の子どもたちの登園は
もうすぐです。

昭和園
→

8:30〜9:00

子どもたちが保護者と一緒に登園してきます。登園時のひとときの親子のふれあいが、子どもの一日に大きく影響します。楽しい語らいをしながら来てください。

(バスの園への到着時間はおよそ8:25〜9:15です)

→

9:00

登園した園児は「シール帳」にシールを貼ります。
カバンと帽子を所定の場所に納めて、自分の好きな遊びにトライし始めます。

昭和園

       

12:00

お弁当は子どもたちの大きな楽しみのひとつです。
家族の方の愛情いっぱいのお弁当は何にもまして「心」と「体」の栄養となることでしょう。昭和園

←

10:30

クラスで保育者が意図的に経験させる活動をする場合もあります。これはその時期に必ず身につけたい技能や能力、習慣などをはぐくみ、豊かな情操を高めたいからです。
しょうわえん

←

10:00

朝は全園児で集会することもあります。集団で同じ経験をすることも重視しています。
これには他者と同じ経験をすることによって友達意識が高まっていくというねらいがあります。

       

13:30

帰りの時間も重要なひとときです。保育者は子ども一人一人の表情をチェックして、その日1日が満足したものであったか、また「明日も園に来たい」と感じているかを子どもの高さになって確認します。「また、明日遊ぼうね」は明日への期待です。

→

14:05(バスは13:55)

風雨の強い日以外は原則として集団で降園します。親子での降園とはまた違った発見があることでしょう。


しょうわえん

→

15:30〜

子どもたちの帰った園内では、保育者たちが掃除をしたり、翌日の準備をしたりします。教材研究も重要な仕事のひとつです。時には園外の研究会に出かけることもあります。

教育相談がありましたら、この時間にお願いします。

 

年間スケジュール

一年間の生活の流れは、子ども一人ひとりの成長発達に留意しながらも、集団生活の楽しさを充分に満喫できるようにカリキュラムを計画しています。また、季節感の乏しくなってきた現代の子どもたちですが、現況の中でも一番大切にしたい「自然」や「季節の行事」を重視した園生活を送れるよう、きめ細かで、豊富な経験を用意しています。
(なお、ここに紹介した活動の他にも沢山の活動があります。)
4月 5月 6月 7月 8月 9月

入園式
春の遠足
家庭訪問
総会
しょうわえん

花まつり 
母の日
親鸞様誕生日
さくらんぼ収穫
身体測定
日曜参観
ジャガイモ収穫
プール遊び
七夕茶会
父の日
水泳教室 
七夕まつり 
たままつり 
おとまり会
夏休み

しょうわえん
お月見 
なつめ収穫

昭和園
10月 11月 12月 1月 2月 3月
運動会 
秋の遠足
いもほり

昭和園
個人懇談 
製作店
やきいも大会
かやのみ園交流遠足
もちつき大会
親子体操
昭和園
たこあげ 
親子体操
節分 
神明祭(しんめいさい) 
おゆうぎ会
卒園児お別れ会 
卒園茶会
終業式 
卒園式